胚培養士(エンブリオロジスト)の求人・転職支援サービス胚培養士JOB

胚培養士の2021年1月の転職市場の状況

胚培養士 2021年1月の転職市場の状況

先月に引き続き積極採用中の求人が増加

先月からの引き続きとなりますが、胚培養士の積極採用求人が増加しております。

東京都心部のクリニックだけでなく、地方エリアでも求人が増加傾向です。

引き続き、即戦力の胚培養経験者向けの求人が多くなっておりますが、地方エリアで転職先をお探しの方には、好条件の求人もございます。

是非、積極的にお問い合わせください。

地方エリアの求人

コロナ第三波による影響

12月は新型コロナウイルスの第三波の到来により、医療体制の逼迫感が更に深刻な状況です。

ただ、第一波の到来時に比べると、それほど胚培養士の転職市場には影響をうけていないようです。

第一波の到来時には日本生殖医学会からも慎重な対応を求める通達がだされ、それに伴い胚培養士の転職市場も停滞する事となりました。

その後、不妊治療の再開を促す声明が発出されてからは、治療を中断していた患者も来院するようになり、不妊治療を延期していた反動により患者も増加傾向です。

その傾向は今も変わらず、胚培養士の転職市場は2021年も引き続き積極採用の状況が続くでしょう。

【無料】胚培養士JOBの転職アドバイザーに相談してみる
国家認定キャリアコンサルタント T.I.

国家認定キャリアコンサルタント
T.I.がこの記事を監修しています

転職はお一人ひとり、ご事情も違えば、ご希望条件も違ってまいります。長年培ってきた経験から、お一人ひとりにオーダーメイドのご転職をサポートさせていただきます。

転職アドバイス – バックナンバー