胚培養士(エンブリオロジスト)の求人・転職支援サービス胚培養士JOB

胚培養士の2021年10月の転職市場の状況

緊急事態宣言が解除された影響

9月末に期限を迎えた東京、大阪など19の都道府県への緊急事態宣言、また、8県に出されているまん延防止等重点措置についても全て解除される事となりました。

全面解除に伴い、転職活動を本格的にスタート或いは再開される方が増えてまいりました。求人は引き続き活発に動いておりますので、本格的な転職シーズンを迎えるのが今月からと言えるでしょう。今後はライバルが増える事が懸念されますので、ご興味いただける求人がございましたら、是非、積極的に転職活動を進めて下さい。

経験者向けの求人、「顕微授精の経験」はなくても応募可能

ご依頼いただく求人の9割以上はクリニックですが、最近では総合病院や産科病院での求人も出てきました。不妊治療専門のクリニックと比べて、病院だと産科を標榜しているところも多く、分娩機能を有していますので、お子様の誕生までを見守ることができるという点は、非常にやりがいと感じられる点です。

また、働き方については病院全体の診療時間に合わせるため、17時過ぎを定時としている施設が多いです。こちらも、19時や場合によっては20時頃までの診療時間を設けているクリニックとは異なる部分かと思います。「やりがい」「働き方」も重視して、お勤め先を選びたい場合は、病院を視野に入れてみてはいかがでしょうか。(ご希望就業エリアに病院の募集がない場合は、弊社にて求人リサーチを致します)

ピックアップ求人

大手グループの不妊治療クリニック!顕微授精のご経験者を募集しています

『六本木レディースクリニック』の求人関連画像
『六本木レディースクリニック』の求人関連画像
給与
月給:250,000円 ~ 500,000円
勤務地
東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル6F
仕事内容
ホルモン検査、人工授精、精液検査、体外受精など

検査技師からの転職成功事例

先月内定された方は、学生時代から胚培養士になりたいという想いを叶えてクリニックで内定されました。20代後半、新卒で入職した病院で生理機能検査を中心に勤務。もちろん胚培養士の経験はありません。

ご自宅から通勤可能な範囲内には、未経験で応募できる求人がなかったこともあり「首都圏内であれば転居」を視野に入れ、エリアを広げて転職活動をスタートしました。今年の夏頃から、未経験向け求人が一旦落ち着いてしまい、求人数はかなり限られた状況でした。ただ、転居できることで応募可能エリアが広がったこともあり、都内のクリニックで見事内定となりました。

どのお勤め先でもそうですが、未経験からでもやりたいという意欲の伝え方は人それぞれ。今回の方は、学生時代からの念願だった職に就くために転居してでも挑戦したいという想いが伝わったのだと思います。

【無料】胚培養士JOBの転職アドバイザーに相談してみる
国家認定キャリアコンサルタント N.E.

国家認定キャリアコンサルタント
N.E.がこの記事を監修しています

人生の大きな転機である転職について、まずはご要望を伺うことを最優先にお役立ていただける情報をご提供します。新たなお勤め先と良いご縁を結べるよう、ご状況に合ったお手伝いを致しますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

現在、Zoomを利用しての無料Web転職相談を実施中です。密を避けながら、コンサルタントと顔を合わせての相談ができます。本格的に転職活動をスタートする前の情報収集からでも大歓迎です。

Web転職相談の詳細を見る

転職アドバイス – バックナンバー